2010/07/28(水)ダイビングはどこが良かった? タヒチフレンチクルーズ

しつもん こたえる

Q. ダイビングはどこが良かったですか?

A. 世界を巡って潜って、、ひとつだけあげるなら、


タヒチ


水上コテージからや陸地からのお姫様ダイブもいいが、
できれば5日以上のクルーズをすすめる。

3DAE3B8B-D2EF-4FBB-ABC6-E81997B9CF17.jpeg



タヒチアグレッサーがおススメ。
もともとフランス領、船上の食事はフランス式で美味。


48373CC7-87F5-4D7C-B32A-17AEDE51CF6C.jpeg



サメツアーがメイン。
さまざまなサメと出くわす。


A28C120B-C4B5-4A1B-A371-B769DEB5C634.jpeg



洗濯機の中で回されるような海に潜り込んで行く。
GPSを装着しながらダイブする。

最大水深は45メートル。

海の神秘と凄さとともに、死を意識するダイビング。


2ED8CBBA-06C7-484E-9FAA-BC92692AD9F1.jpeg


1日4~5ダイブ。
早朝からダイビングざんまい。

異国人ばかり。
夕方から夜通しパーティーもたのし。


クルーズはタヒチ全体を船舶する。


85B5297C-EDFA-4544-945D-F0EACE82C55D.jpeg




ボラボラ島など、
この世のものとは思えない光景に寄り道するのもあり。


5E8F7C42-BB84-477C-A455-2E89FF0849F9.jpeg



シュノーケリングで十分たのしめる。


508366AE-D442-4524-AD22-B3C7E70856CE.jpeg



地球散策


小さな自分に いつも気づかされる。

とともに生きる 泰然自若なエネルギーをいただく。

B37A06B9-DF5F-4513-ACF4-CC69E577C7F5.jpeg



ーー

日本のアグレッサークルーズ代理店
ファーストクラスクルーズで巡る【アグレッサーシリーズ】

2010/02/18(木)アドラー心理学実践入門 岸見一郎さん

アドラー心理学実践入門 岸見一郎さん 旧刊改訂版
生老病死との向き合い方


自分を好きになれない

人の目が気になる

他人とうまく付き合えない

病気や死が怖い


その悩み、アドラー心理学を実践すると、

劇的に心が軽くなります

E665470F-9752-4002-8B0D-1FF45029D56A.jpeg


生きることはつらいことだ
プラトン


アドラーいわく
人間の悩みはすべて人間関係の悩みである


劣等コンプレックスとは?

恋愛と結婚

競争しない

好きなことに努力はいらない

権力争いから降りる

愛することは能力

責任を果たすということ

老いの自覚がもたらすもの

共同体感覚の訓練

避けられない死

遊びも人生の課題

不完全である勇気

失敗する勇気

最後はあなた次第